ビジネス教育の株式会社ホープ Web Site
Humanrelations Organization Plan Education
  ホーム>髭講師の研修日誌

 本コーナーでは、"髭の講師"の澤田が研修で実際に体験し、見聞した事例を、日誌風に纏め報告しています。
 これまでの研修日誌はコチラ。

 <新年度の研修・講演お引き受けします>
◎新入社員研修(職種問わず)
  
 ●導入研修       ●フオローアップ研修
 
要望事項をお示しいただけましたら独自の企画を提案いたします。
 
1日研修・2日間研修 それに社内研修に一コマの指導
  
(テーマ例)
   
*学生から企業人への脱皮
   *出来る社員のビジネスマナー

   *対人関係の愉しみ方(先輩、上司、お客様)
   *ミスなし仕事の進め方
   
*プロ条件とその努力条件
   
*報連相の実践法
   
*新人の話し方・聴き方
   
*一人前になるための指導の受け方
   
*仕事を楽しむ心へ                     他
◎貴方が上司になってよかった。ならばどう活躍するまず←新任リーダークラスの研修

 ● 選ばれたリーダーとしての心構えと活躍の軸そして実践スキルの修得を組み込む研修
   
    *期待に応えた活躍条件 *実績形成の人・仕事のマネジメント
 
 *協働関係を生かすリーダーシップ  *コミュニケーションスキルアップ
   
*部下力を高める指導実践スキル
   *強い仕事集団創造の働きかけ・・等


◎選ばれたじゃ期待に応えた活躍はどうするまず←新任管理職クラスの研修

 ●第一線の経営者としての期待に応えた管理職としての活躍を為す上での考え方施す諸策
  叉必要スキルアップについて基本事項を修得する


  
*強い企業条件と管理職の貢献
  *経営感覚と戦略思考
  *マネジメントの確認
  
*組織力を生かした業績確保の活躍条件
  *リーダーシップと協働力

  *モチベーション・コミュニケーションスキル
  *部下育成の手腕
  *
管理職としての人間力
  *内外に通用する魅力ある管理職の条件        


◎熟練社員の活躍は企業の強さ今から未来へ←熟練社員活躍力向上研修

 
●役職定年の節目、高齢者社員のより活力アップ、そして技能継承など現在どうしても
   着目すべき研修である。生涯現役の人生観も併せて気づき機会とする

  
*熟練社員の誇りそれは専門力・人間力の凄さ
   *期待に応えた活躍の楽しみ方
   *おかげさまづくりの活躍が居場所の良さを決める
   *経験則に改革力を施す
   *技能継承の指導実践法
   *人間力磨きの実践法
   *いつでも生かせる話力の磨き方
   *心豊かに生きる3K
   *生涯現役決め手づくりと高め方・・・演習、グループデスを生かして進める

◎上役は忙しいならば部下を生かそうその育成は←指導力向上実践研修

 ● 部下力を生かし育てる指導法に関するスキルアップを目指す実践セミナー

  
*指導力は自らの実績を確保する
   *人材から人財に育成する指導法

   *日常の業務の中で育成する実践スキル
   *ドクター的指導の展開法
  
*褒め・叱りのスキル
   *指導者としての人物的影響力
   *基本スキル説明力

   *訊く・聴く実践スキル*コーチング的指導の実践法         ・・等

◎やはり存在感のある人は話が出来るだからこそ磨こう←話力向上実践研修

  ● 話し下手では活躍の魅力は乏しい、階層、職種にかかわらずビジネスの基本スキルと
    どうしても磨く事が不可欠。その基本確認と演習指導による実践型コース


   *伝わる話とは
   *わかりやすく話すコツ
   *好感度高い話し方
 
  
*プレゼンでの話し方
   
*筋道の作り方
   *説明法
   *説得の話の進め方
   *大勢の前での話す心得
   *テーブルスピーチの対処法
   *セールス話法の基本力                     ・・・等


◎協力関係を上手につくる それには←折衝能力向上実践研修

 ●協力関係を構築せずでの仕事の遂行はない。ならばどう協力をいただくかそのスキル向上を
   目指す実践セミナー

  
*仕事は縦・横・ナナメの人の協力関係で進む
   *折衝の現実の体系
   *折衝を進める3段階法
   *聴解力の実践スキル
   *理解を高める説明スキル
   *心を動かす説得話法
   *断りに対応する応酬話法
   *折り合いをまとめるスキル
   *基本スキル聴解力等を内容として最適な実習を織り込む。
     ロールプレイング、デベート的討論を取り入れる。


◎第一線社員の活躍ぶりが企業の評判を決めるだから←若手・中堅社員研修

 ●定着策それは、社員が浮き浮き仕事ができること。その活躍の有り様をしっかりと確認する機会
  。更に企業内外でのメダリストになる楽しみをどう創るかを指導します。


   *本物企業は第一線社員の社員で決まる
   *いなくては困る社員の活躍はこうする
   
*実績形成の仕事の取り組み方
   *チーム力を生かすリーダー、メンバーシップ
   *対人関係はこうすれば楽しめる
   *存在感は話す力を磨くその秘訣
   *自ら強さを高める自分磨きの法
   *内外で通用するマナー上手の確認
   *活躍ぶりを売り込む報連相の実践法・・等

◎活躍に意欲喚起をどうする それには←モチベションアップ研修

 ●意欲を持って活躍を楽しんで欲しいのだがとの声は多い。その為の意欲喚起の施しの実践法
   を指導します。


   *部下が意欲を高める条件
   *内発的動機付けとは
   *指示の仕方
  
*任せる実践
   *褒めの効用
   *この人ならついいていく人物的影響力を診る
  
*部下のタイプ別働きの実践法・・等など

◆御社・団体で実施をお考えの研修イメージがおありでしたらご一報ください。ご相談・ご支援いたします。(無料)当メールでご返信ください。お待ちしています

●自身の惨めさが「基本」を素直に学び込む

 話力啓発を志して学び合うC県話し方友の会が50周年を迎えた。設立当初会長の任に携わったことから諸処のイベントに招かれ共にその軌跡を顧み、喜びを共有化した。祝い文には次のように記した。

********************************************

      感動・感激・感謝

「社員研修担当としてどうしても話す力を磨きたい。話し方教室普通課程に学ぶ。最初の実習は1分間の自己紹介。恥をかきたくない、57秒きっちりで話すと決める。三日間暗記に暗記して絶対いけると密かな自信。いざ。本番、「皆さん、・・」途端に足ががたがた震え、目の前が真っ白、顔は真っ青、背筋に汗が。一気にしゃべって37秒。あがっても暗記した内容はなぜかでた。I先生からのコメント、何にも聞こえず。恥ずかしい。あれでも研修担当か、皆のまなざしが突き刺さる思いだ。

 7回コースの最終回、各クラスの全体閉校式での感想発表者を当クラス23名からは誰にする。「澤田さんが良い」「なぜ?」最初の自己紹介時からの進歩がめざましいから。「えっ””」閉校式400余人の会場で、自己紹介の実習を再現、大拍手。学んだ基本を素直にいかしたスピーチだ。この体感が「他の人に劣ることを恥じるよりも、昨日の自分に劣ることを恥じよ」現在講師の立場で説く言葉だ。

 友の会に入会、会長代行とのこと。「えーつ」。非才ながらも出来ることの最高実践の2年間。蒔かれた種を少し芽に・・それだけの貢献だ。あれから50年。以後歴代会長の敏腕なる活躍で、現在では単なる友の会でなく、指導者を育て、教室を開催、県内での話し方コンクールの開催と着実に発展を成してきた。この軌跡は見事の一言に尽きる。感激と感動と感謝である。なんと心豊かな日であろうか。現在、足の震えはないが、感動の心震える50周年万歳である。おめでとうございます。」

***************************************

と記した。

「先生嘘でしょう」「いや、これが真実。だから今の自分がある」と祝いの席で交わした現会員とのやり取りだ。

 多少なりの自信を持っていたからこその「かっこよい話し手」の妄想に駆られた自己流の話し方。それは惨めな体験を授けてくれた。だからこそ自分の未熟さを素直に認めての学びであった。話力啓発の学びは、基本コースを5ヶ月みっちり受講した。その後、話し方教室インストラクターの資格を取得し,インストラクターとしての更なる学びも重ねた。このときの学びの体得が現在の講師力としての基本力である。単なる一方的講義でなく,受講者との対話心での講義であり、ヒューマンアセスメントを生かした個別への支援指導である。従って、各種(階層別・課題コースなど)指導項目は同じであっても、指導支援の実践はいつも新なる心意気と3現(現場、現実、現人(言った本人)主義に基づく動きに対応した指導・支援の施しである。「おかげさまで」の評価を得る事は講師冥利につきる。それは、講師としての「守」「破」「離」の体験による体感の進化ステップである。

●「規矩作法 守り尽くして破るとも 離れるるとても 元を忘れるな」

 茶人の千利休が詠んだ和歌に「規矩(きく)作法 守り尽くして 破るとも 離るるとても 元を忘れるな」との教えがある。そこには,守破離の階段を確かに踏んできた成長といえども、基本を忘れる事のないようにとの学びがある。その実践では都合の良い評価設定を上から目線で設定することなく、各社、各自の現有能力を基点とする事である。そして指導支援の施しで潜在能力を引き出し、みづからの気づきから磨く楽しみを喚起する。以後の成長は絶対評価で認めていく「寄り添い指導者」としての現在である。その過程では「基本を確認する」このフレーズが生きる事も多い。

改めて、守破離の意味合いを確認しておこう。

まずは、「守」この段階で如何に能力の根(基本力)をきちっと体得するかが大事である。案外、自分流にやることが個性が生きると言うが,それは根・芯なき素人の浅はかな学び心の怠惰心である。守は下手な段階であり、無知から素直な学びで既知となり、その通りの実践体験だ。案外、解っている、やってみせると頭心は確かだが行は思う通りいかない。直ぐには体得できないがそこには修練の重ねがある。何事も本気でやれば成就できる。基本は地味である。こんな事が何の役に立つとしらけ心がでる事も多い。基本は、自分と異なる方法であるかもしれない。だから、こうした方が良いと都合の良い方法を絶対視することもある。しかし、先輩が長年にわたって身につけてきたノウハウ、仕事の進め方は多面的に捉えた最適方法である。ならば、謙虚にあるがままの状態を盗み真似ることが良い。素直に指導を受容する事から貪欲にものにすることだ。基本100点満点の遂行実績は信用を得、やがて、任される存在となる。

「破」習得した基本に自分なりのアレンジを加えていく段階である。より良い方法を考える楽しみである。大手鉄鉄鋼所のベテラン研修で紹介される貢献力に、「先輩から継承された技能に自分なりの改善を加えてきた」と誇りを持って話される。自分が担当した足跡として進化させてきた技能による効率、安全、品質向上への貢献である。改善を施す、その為には新たな学びが不可欠。本を読む、人の話を聴く、情報を得る、他社から学ぶなど新たなインプットの蓄積だ。インプットが変われば当然アウトプットに新たな発想を産み出す。そこには「THINK・THINK・THINK、考えよ。考えよの知恵の創造だ。智恵は、試行錯誤、創意工夫、改善へと生きてくる。この実践はマニュアル人間からその場の条件をいかしたおもてなしの行使である。

 型破りとは型ができてから始めて破ることである。型無しではそれはない。

「離」は基本を踏まえたオリジナルに進化する段階である。振り子打法、一本足打法の実例が良く紹介される。まさに独自の境地を拓いて一流の強さを編み出しだ。各分野でのプロ、五輪選手、メダリストの強さもここにある。匠、名人、達人、スペシャリスト、○○流・・表する言葉は様々だ。確認しておくべき事は「プロも元はアマだった。」「初心者のできない自分からできる自分に、更に独自の強さをつくり出す。」こんな改革の努力の実りである。しかし、いざ闘いの臨み時には基本動作の確認を怠らない。

●春・張る、張り切る「新への想い」

 企業での動きも新たな息吹の時である。未来への期待を持った新入社員として活躍のスタートを切る人いる。今年は93万人ときく。また人事異動により新たな職場、職種での活躍もある。更には、役職の昇進に伴う新たな高次元のキャストへの挑戦もある。各様であっても同様な事は意気込みは強い。早く結果を出す。個性をいかした独自の活躍を魅せ、気持ちははやるし、自分はやれるとの自負心もある。

 だが、勢いだけでは、関わる人からの献身的協力を得ることは無理である。適切な守破離の活躍展開で想いを着実に実現していくことだ。郷には入(い)っては郷に従えとの例えもある。人はその土地に入ったらその土地の風俗・習慣に従うのが処世術「溶け込む」事が第一歩。例えば、新入社員なら学生から企業人へ(入社した企業の理念を理解し、社風に染まる)事であり、前任から新任職への配転では、職場(赴任地も含め)そこには独特の雰囲気、文化、慣習がある。また仕事の独特な基本手順もあろう。立ち位置の違いでは、一般から役職へ、役職から幹部へとの役どころの違いは出来ない事でも成りきる覚悟が必要だ。そして成すべき職務の違いは、当然能力の新たな確保が不可欠である。目指す独自の活躍を魅せる段階へ、それは「守」の出発であり、何事も素直に受け入れる学びからである。そして、順次キャリア(既存の能力)を応用しての「破」「離」の段階への昇りとなる。

 「新」への取り組み機会は自身の更なる成長と存在感を魅せる絶好の機会である。だからこそ、新たな周囲からの注目度も高い。自信を持った自分であればこそ、一皮剥いて、素直に謙虚に誠意を持っての学ぶ強さをいかしたい。この実践は「守」の段階としての能力の確かな根・芯づくりと成り、新たな協力者を得る筈だ。

●どこでも魅せる基本言動のセブンアクト

 経営者の学びの場で人間力向上の言動の基本としてセブンアクト(7つの実践)がある。全社員の行動指針として取り入れている企業もあるし、朝礼で唱和している企業もある。企業活動に限らず、家庭、社会生活・諸活動でも共通する基本事項である。紹介してみよう。

1.挨拶が示す人柄、躊躇せず先手で明るくはっきりと

 挨拶上手は付き合い上手、そして事に当たっての積極的態度。挨拶下手な人は対人関係でも損をする。人を尊敬し人を慈しむまごころの発信が挨拶。自ら先に、明るい、はっきりした声と表情で行う習慣を付けよう。

2.返事は好意のバロメーター、打てば響く「ハイ」の一言。

 間髪入れずに【ハイ」という返事をされたら誰しも気持ちのいいもの。なぜなら、好意の表現だから。叉返事をした人も,それによって実行に向けての明瞭な区切りがつきます。

3.気づいたことは即行即止、間髪入れずに実行を。

やろうと思ったらサッとやる。やめようと思えばサッとやめる。ぐずぐずしただけ物事はスムーズに運ばない。気づいたことをその都度適確に処置していけば、心にかかることなく,常に実力発揮できる。「あの時にやっておけば良かった。」「あの時にやめておけばよかった。」こんな悔いとはおさらばしよう。

4.先手は勝つ手5分前、心を整え完全燃焼。

約束の時間を守る。絶対遅れない。この事は信用の第一歩。早め早めに行動し,始まるのを待つ事がゆとりを持っての完全燃焼のコツ。少なくとも5分前に決められた場所に行き,心を整え,呼吸を整え,満を持して事に臨む習慣を付けましょう。

5.背筋を伸ばしてアゴを引く,姿勢は気力の第一歩。

 正しい心は正しい姿勢に保たてる。ふしだらな姿勢には,積極的、建設的な心の宿りようがない。腰骨をしっかり立て。あごを引いた姿勢姿勢から気力が出てきます。

6.友情はルールを守る心から,連帯感を育てよう。

 集団生活では,一人のルール違反が大きなマイナスになる。約束ごとを守り,その場のエチケットを一人ひとりがしっかりと守るときに,集団力が発揮されます。

7.物の整理は心の整理、感謝を込めて後始末。

後始末は,物や環境を元の場所に戻すというだけでなく,感謝の表現であり、次の働きのスタートでもある。つまり、心に区切りをつけて、そのつど100パーセントの力を発揮する重要な生活実践です。

                                                      (一社)倫理研究所書籍参照) 如何であろうか。それは意識すればできるでなく習慣化まで身についていることが肝腎である。家庭ではいかがであろうか。近隣の交流ではいかであろうか。所属する諸処の団体・組織活動では如何であろうか。

 研修時「今出来る事を最高実践せよ」と右肩上がりに板書する。最高実践は「守」「破」「離」と成長することにより成す事は進化する。多様な影響や貢献は「さすが○○さんですね」「おかげさまで」「ありがとう」との多様な影響力や貢献を産む。働きがい、やりがいを享受する瞬間である。

 春、張る、気張る時である。新たな想いはその実現だ。だからこそ、その第一歩をきちんと学び、あるいは確認する事を願い今稿とする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 新人も入りました。昇進昇格もありました。先輩にもなりました。それぞれ心新たに何をどうすべきか模索の段階です。このときだからこそ研修の機会を求めている社員です。受けたい時にタイミングよい学びの機会が有るこのベストマッチングを生かして参りましょう

(平成30年4月 研修・講演鬚講師 澤田 良雄筆)
Copyright(c)2007.HOPE.,LTD. All rigrts reserved