ビジネス教育の株式会社ホープ Web Site
Humanrelations Organization Plan Education
  ホーム>髭講師の研修日誌

 本コーナーでは、"髭の講師"の澤田が研修で実際に体験し、見聞した事例を、日誌風に纏め報告しています。
 これまでの研修日誌はコチラ。

 

 コロナ感染防止対応がいまだ自粛要請での事業展開,生活には言動の新たなルールが求められています。未だ収束が見えない現状です。だからこそ、悲観的思考に陥らずポジティブ思考による、新たな発想、そして新たな活躍ぶりの実践が求められます。
 それで、昨今の研修現場で,提起している心の持ちよう、小さな実践、従来から重ねてきた自信ある殻の脱皮について、8項目ほどまとめてみました。

1.運のいい人の運を呼び込む7つの習慣

 経営者の学習仲間では,婦人衣料メーカーK氏は,生地を利用しての防疫力高いマスクを製造販売、イタリア料理店W店主は従業員のアイデアを生かし、テイクアウトメニューを実施、印刷関係企業のI社長は、アクリル板を利用しての感染防止製品を開発販売。各氏のいち早く取り組んだ戦略は運を呼び込み、現状をしのいでいる。それは、厳しい,「ならばどうする」の陽転思考に基づく新たな取り組みです。

 
経営の神様松下幸之助翁は「運が良い」との陽転思考を伝えている。例えば、学歴の乏しさは「教えて頂くありがたさ」に、身体の弱さを「お願いする事により人が育ち、企業の発展の力になった」等々。現在、コロナ感染防止に関する厳しさをどう捉えるか。そしてどう対応するか。「運」も棚ぼたのように突然落ちてくることはあるまい。それは「運を呼び込む」普段の言動如何が鍵である。有事の時だからこそ打開する呼び込みここでは7つの習慣を提起しよう。

   ポジティブ思考でイメージを創る=前向き・人の良い面を見出す、自分はラッキー観
 ②  決して諦めない、変える継続の実践=達成まで続ける、失敗は成功のもと、知恵を出す
   運の良いと想う人と接する=感化を受けるプラス影響、愚痴、悪口はなし、これが良い
   勉強する=不得意は成長のチャンスそれは学ぶ力、新たな力は運を切り開く
   素直に感謝する=謙虚、人のおもてなしを感受する、自然に施しの返しの実践
   笑顔で接する人間味=人との接しから学ぶ楽しみ、人を包み込む豊かな人間性が生きる
   健康的生活の励行=身体、心、考え方の3つの健康、身体は快眠、快食、心は相談、考え方は
   社会性の研鑽

どれでも、ちょっと気にかければ実践できます。そんな事いってもと、やらない言い訳の正論は、人も「運」も呼び込めません。あなたもきっと良い運の人です!!

2..生き生き企業を皆で創る7つの実践

 新人研修でのキーワードは楽しく働きたいとの願いである。その実現は本人の明朗{明るく,朗らかの心持ち}なる取り組みが前提であるが、明るく、楽しく活躍できる会社・職場を皆で造れば良い。評判企業に診る極意、それは7つの実践の励行です。各種組織、団体も共通です。

  あいさつが 示す人柄躊躇せず、先手で明るくはっきりと。 (積極的人の関わり)
  返事は 好意のバロメーター、打てば響く「ハイ」の一言。  (素直な心での協力)
  気づいたことは 即行即止、間髪入れずに実行を。     (実践・実践)
  先手は 勝つ手5分前、心を整え完全燃焼。             (先手の準備)
  背筋を 伸ばしてあごを引く、姿勢は気力の第一歩。      (気構え)
  友情は ルールを守る心から、連帯感を育てよう。               (約束厳守)
➆ 物の整理は心の整理、感謝を込めて後始末。                (後を整える)

 どの項目も当たり前のことです。だからA(当たり前のこと)B(馬鹿にしないで)C(ちゃんとやる)のABC実践です。

3.交わす一言の挨拶が嬉しい

 人の密着がタブーな感染防止策の現在です。こういうときだから一言の心の交わしが大事です。例え業務遂行方法が対面であったり,テレワークであったり,オンラインであっても心の交わしは十分できます。それは、心の伝えは、言葉、文字、振る舞いの最適な表現方法で交わすことができるからです。改めて挨拶上手のコツを確認してみよう。

□挨拶は寄り添う心の証です=挨拶の「挨」は心を開く「拶」は迫る・近づくとの意味合いがあります。とすると互いに関心を持ち合うことです。関心を寄せる。そこには喜び、悲しみ、感謝、励まし、いたわり、ねぎらいを感じる感性の豊かさが生きています。

□気が利く挨拶=気が利く挨拶とは、関わる人へのおもてなしの魅せる表現です。おもてなしとは、相手のして欲しい事はどんなことかを察し、その対応として、自身(社)ができる施しは何をしてあげるかを即断即決し、先手の実践です。

黒酢メーカーK社から届く伝票には「こんにちは。暑い日々が続きます。お元気でしょうか。今回もお買い上げ頂きありがとうございました・・・。時節柄ご健康に留意されますようご祈念いたしております。・・」と手書きで書き添えてあります。また、和洋菓子店M社の新幹線駅前店では,背広でネクタイ、鞄をお持ちのお客様には「袋を二重にさせていただきました」とお渡しする。それは、お客様の「重いな、袋が破れたら困るな」こんな心情の琴線・機微に触れる気配りの良さの施しです。

□家庭ではいかがですか。=親子、夫婦間ではなされていますか。「和子さんおはよう。今日もお世話になります。」と言葉をかけるご主人もいます。「美味しいよ。」「ありがと」「出かけてきます」「ただいま」「ごめん」「おやすみ」・・の言葉掛けを自然に交わしていますね。

□帽子(名前)靴(一言のプレゼント)を添えます=出だしに名前をつけて、「あいさつ」そして、感謝、ねぎらい、依頼のことばを加えた挨拶は嬉しい。例えば 「鈴木さん「こんにちは」昨日はご連絡ありがとうございました。」いかがですか。

□あ・い・さ・つ のキーワードに心しますと好感度がアップします。
 
 あ=明るく、笑顔で目をかけて   
  =いつでも、どこでも、誰にでも、
  
=先に 「挨拶は下位からする事だ」、ちょっと待って。立ち位置の逆転した先手の挨拶はその人の人徳です。
     謙虚なねぎらいと感謝。まさに、「実れば実るほど頭を垂れる稲穂かな」。ベスト業者会と称する割烹店に
     関わる協力企業の経営者の学習会では「挨拶はかくれんぼと同じ、見つけた人が声かける」事が合い言葉
     です。
 
 つ=ついでに一言プレゼント{上記靴}、そして続けることです。

4.好かれる人の8つの特徴

 ライブ型研修の復活も楽しい。新人研修で、どんな先輩の人が良いか、好きな人の特徴を出し合った。まとめ上げ
 た8つの特徴を紹介しよう。


①明朗な人(明るい・物事を肯定的に見て楽しい人・他人の自尊心を守る)
②誠実な人(言行一致で嘘がない・正直、善意で安心・奉仕の精神に富む)
③信頼できる人(頼りになる・約束したことを途中で投げ出さない)
④寛容性のある人(他人のマイナス面も許せる、愛情深い・度量が広く善意にこだわる)
⑤熱意のある人(使命感に燃えている・忍耐強い・倫理観に基づき勇気がある)
重厚さを感じさせる人(人格、品格を感じさせる・深さを感じさせる・温かみがある)
⑦共感性のある人(他人の立場にたてる・優しさを感じる・他人の痛みがわかる)
調和感覚のある人(物事を広い視点で視る・固執的な考え方でなく柔軟性がある)

ということでした。企業に限らず、学校、家庭、諸処の活動集団でも、特に先輩、リーダー的立場の人は、感化させていく育成が自身の人物像である事は言うまでも無い。「あなたに似てきましたね」こんな言葉がその証です。

5.壁を破る・視点変え・発想転換8条件

 国内トップの製鉄所でのベテラン層研修。ここまでのベテラン社員の活躍貢献度は見事です。だからこそ今後もその凄さを生かしたさすが、おかげさまと言われる活躍を楽しむ事を支援しての研修です。その実践は、経験則プラス改革変える事)です。現在問われるポストコロナの対応にも通じます。それには、新たな発想で取り組む実践だからです。
良く、行き詰まる、壁に当たるということが言われます。壁は自身で造るのであり、経験を重ねた経験則が造り上げる。絶対間違いないと、自分の経験則にはまればはまるほど壁は厚くなり、くずせない。ならば、この壁破りはどうするか。視点を変え、切り口を変え・発想転換する事です。
その8条件を提起しますと、

①失敗は成功の母、失敗は次の成功の足がかりであり、より良い智恵を産み出すチャンス。
②自分と異なる考え方(異見)を歓迎し、新たな視点で物事を診る
③「もう一つ、もう一歩」のワンモア精神を生かしてこだわりの探究心を持つ
④子供心の遊び心の余裕と「なぜ?」の好奇心を持ち面白さを追求する
⑤他からの忠告、アドバイスは素直に取り入れる。異見こそ新たな発想源なり。
⑥物事の核心を掴む事。それは目的に対応して多面的思考を試みるチャンス
鳥の目(全体を観る)魚の目(流れを読む)虫の目(現実・現場・足下の実態に触れる)
 コウモリの目(逆から観てみる)の4つの目の付け所を生かす
⑧時には異なった条件に身を置いてみる(場所・人の集まり・立場・仕事・学習など)そこで、 いつもと違った目線での新発見を生かす

特に,ベテラン層の暗黙知{経験。勘・コツ}はハイテクのもと。それは,継続は力なりの継続とは変える事の継続である。だからこそ、暗黙知の深め、向上が、デジタル化によりスケッチされてハイテクになるのです。

6.このような時こそ、先に提供するギブの実践を

政令都市C市の現業部門の研修では、給食調理、学校内校務、運転、環境収集、道路整備・・住民のとの密着の場での活躍する職員。従って、「給食を食べた子供からの「美味しかったです」と笑顔で声かけられると疲れが吹っ飛びます。」、「校庭がいつも綺麗になっていますね。と学校の側を通る住民からお礼を言われますと、観てくれているんだと責任とやりがいがあります」これらは活躍紹介のグループワークで交わされる事実です。梅雨の長雨が草の伸びを呼び、暑さは調理場の室温も異常となる。しかし、「皆の喜ぶ顔が仕事の喜びです」との施しの実態がここにあります。それは,ギブの実践です。

良く使う言葉にギブアンドテイクがあります。ギブ=与える テイク=いただく です。このギブ(G)とテイク(T)の組み合わせで5つのタイプの人間像が作れます。即ち、

①T・T人間=貰う事ばかり、貰うことが当たり前、だから感謝なく、くれないとの不平が出る
②T・G人間=やってくれたらしてあげるタイプ。してくれないんだからやる必要なしの考え
③G・T人間=先に施しのできるタイプ、でも、やってあげたのに=「のに人間」では・・。
④G・G・T人間=いつも一つの貸しを作れる人
⑤G・G・G人間=欲心なしの施しを自然にできる人

 どのタイプのあなたですか。⑤のタイプ。そんな事をしたら損という人もいよう。しかし、現実には返してもらう意図をせずとも、「いつぞやは・・いつもお世話になります」と自然に返ってくる現実は周知の通りです。二宮尊徳翁の教えに盥(たらい)の水の例話がある。それは「盥に入った水を欲心を起こして自分の方に寄せようとすれば水は逃げる。こちらから人のためにと押しやれば、自分の方にかえってくる。」との話です。現代では、京セラ稲盛和夫会長の言葉に「利他主義」があります。まさにその実践が先手の施しです。

小生、地元会議所のコロナ対応対策に関して,二つの活動を施した。二つの活動はにわかに発足した自主的協力に委ねた活動でした。自主的とはやってもやらなくても良い時に、自らやることで有り、おもてなしの心に基づく気配り上手の施しです。だからこそ,協力には感謝心一杯。平時の時には見えなくとも、有事の時に見えるその人の潜在的魅力にもふれられる。それは専門力であり人徳であり素晴らしい事です。

コロナ感染防止に伴う厳しいこのとき時だからこそ、互いに可能な施しの実践を心したいものです。将来の来たる日「あのときに頂いた施しのおかげです」と笑顔で交わす場面が目に浮かびます。

7.このとき話し上手が問われます。そのコツは・・・ 

H地区事務組合主催による中堅職員の折衝力向上研修では、新たな施策を実施するには関わる人との協働関係づくりがどうしても必要。その、過程では協力依頼の折衝場面対応が肝心。ならばどうする。その基本スキルは「話力」,だからこそ磨き合う機会です。求められるスキルそれは筋道がすっきりし、わかりやすく、感じの良い言葉、話しているときの態度、スピード・声・目配りを生かした伝わる力です。研修でも、お題拝借スピーチ、デベート的討論{テーマを決め肯定・否定側に分かれて,論立てをし、互いに論破し合う小生独自の演習法}で磨き合いを重ねた。ここでは2点具体的実践のコツを提起しましょう。

①筋道作りのコツは テーマに対して*「こう思う」=主張 「なぜならば」=根拠・理由付け 「だからこうです」=結論とまとめます。こうしますと単純明快な話となります。

②簡潔に話す 簡潔な話しとはすっきりした話。そのコツは
 
見出しを付ける=例 一つめは、二つめは、三つ目は、名前は、価格は、 利用方法は、 購入方法は・・・。
 センテンスを短くする=・・けど、・・まして」は×。「です。」「ます。」で 区切り、「なぜかと言いますと」
  「そこで」「話は変わりますが」「さて」「ところで」と接続詞を生かし繋げ, 転換します。


 現在は、在宅勤務でのオンライン、リモート出演、ZOOM活用のコミュ二ケーションの実践も多い。この対応の基本スキルも話す力です。その実効は,話す前提としての訊く事、聴く事もできることです。それは,絡み合いのコミュニケーションが成されなければならないからです

8.褒め上手になろう、その7つのコツ

 T県農業団体での幹部職員の研修では、最近の若者は褒めて育てるとの考えを確認した。褒める事とは「人・物・実行している事の価値を発見して伝える事です。その実践7つのコツは

①いいと思える事が目についたら、直ぐに認めの言葉をかけ、なぜ良いかを説く。
②いきなり満点を求めない。小さな事でも変化を観ていき、その都度努力を評価する
③本人が観て欲しい、気が付いて欲しいとの欲求を察し、その点に着目し、はっきりと褒める
④地味なことでも継続している行動に目をかけ褒めていく。案外派手な活躍に目がいきがちだが、当たり前の事でもきちんと成す事は素晴らしい事である。
⑤くどくならないよう褒める。叉、あれもこれも重ねない。褒められ所が印象に残らないし、 褒められた実感が薄れる。時には煽てととられる事もある。
⑥褒め言葉には「良かった」だけで無く、「ありがとう」「ごくろさま」の感謝、ねぎらい言葉も効果的。叉 高める言葉に「さすが」「すばらしい」「すごいですね」「見事!」の活用も良い。
⑦大事なことは誰が褒めているか。あなたに褒められた、だから嬉しい。これが実態。

褒め上手は人間性の豊かな人。だから社員・子供・生徒は育つ。貴方は育て上手な人。


 アフターコロナどうする。それは新たな課題の解決は、新たな試み、新たな実践,新たな学びを成す事です。現実の課題解決それは,これからの未来創造への取り組みにほかなりません。この8項目もその一助とし、今後の{八)末広がりに進展していくことを願います。
 

(令和2年9月 研修・講演髭講師 ビジネス教育の(株)HOPE 澤田 良雄筆)

Copyright(c)2007.HOPE.,LTD. All rigrts reserved